FC2ブログ

硬岩乃讌

これまで○十年間にわたって収集してきたCD/レコードのレビューを、個人的な感想丸出しでしていきます。勢いだけで作ったブログだけに、その勢いがいつまで続くか…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ANIMETAL MARATHON III -円谷プロ編- -- ANIMETAL

ANIMETAL MARATHON III -円谷プロ編- -- ANIMETAL(1998年)

AnimetalIII


1. ウルトラQメインタイトル-ウルトラQのテーマ
2. ウルトラマンの歌
3. ウルトラセブンの歌
4. ULTRA SEVEN
5. マイティジャックの歌
6. 恐怖の町
7. 帰ってきたウルトラマン
8. MATのテーマ
9. ミラーマンの歌
10. ウルトラマンA
11. TACの歌
12. レッドマン
13. トリプルファイターのうた
14. 緊急指令10-4・10-10
15. ファイアーマン
16. ジャンボーグA
17. 戦え!ジャンボーグ9
18. ウルトラマンタロウ
19. ウルトラマンレオ
20. 戦え!ウルトラマンレオ
21. 星空のバラード
22. 猿の軍団
23. 行け!ボーンフリー
24. カモン!アステカイザー
25. 戦え!アイゼンボーグ
26. 青春の旅立ち
27. 恐竜戦隊コセイドン
28. ザ・ウルトラマン
29. ウルトラマン80
30. アンドロメロス
31. 夢のヒーロー
32. TAKE ME HIGHER
33. ウルトラマンダイナ
34. 快獣ブースカ

リストが長くて申し訳ありません。アニメタルは曲数が多くて。

そんなわけで、アニメタル・マラソンの第3弾です。円谷プロ編というわけで、ウルトラマンをはじめとした円谷特撮作品のメタル版なんですが、アニメじゃないじゃん、という突っ込みはここでは無視する方針で。

以前のMe First And Gimme Gimmesでも書きましたが、こういったカバー集は選択する曲そのものの出来の良し悪しに大きくされるのですが、やはりこうしてみるとウルトラマン関係はいい曲が多い。またそれをしっかり選んだアニメタルの選曲の妙もやはりほめられるものだと思います。

アニメタル・マラソン1作目でも、単にアニソンをメタルにするだけでなく、もともとしっかりメタルしていた「マジンガーZ」などをしっかり押さえてあるあたりに、そのセンスも感じられるわけです。

1曲目の「ウルトラQメインタイトル-ウルトラQのテーマ」は絶品。この曲を持ってくるセンスがたまらないのですが、おどろおどろしい曲調の元歌が、まさしく「ヘビー・メタル」しています。

個人的には4.「ULTRA SEVEN」(ワン・ツー・スリー・フォー、ウルトラーセブン、と繰り返す歌)、8.「MATのテーマ」(いわゆるワンダバですね。)が入っていたのがうれしかった。特に「ワンダバ」は有名な曲ですが、ULTRA SEVENには驚きです。

19.「ウルトラマンレオ」は名曲。歌詞が暗くて(ちょうど終末思想のはやった時期で)番組後半から20.の曲に差し替えられてしまった曲ですが、こうして聞くとまさに神曲。

このアルバムで唯一気になるのが22「猿の軍団」かな。元々の曲調が歌謡曲というか演歌みたいなので、どうしても無理がありますね。

31.の「夢のヒーロー」はよくもこんな地味なところから、と思える「グリッドマン」からなんですが、この曲ももともとがヒーローものを意識した力強い曲調だったのでいけてます。

もちろん管理人がリアルタイムで聞いてきた曲ばかりで、思い入れの強さもあるとは思うのですが、管理人と同世代の方は一聴の価値あり!!
キワ物と色眼鏡で見ないで、ぜひ試してほしいアルバムです。






スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

BADLANDS--Badlands

BADLANDS -- Badlands (1989年)

Badlands


1.High Wire
2.Dreams in the Dark
3.Jade's Song
4.Winter's Call
5.Dancing on the Edge
6.Streets Cry Freedom
7.Hard Driver
8.Rumblin' Train
9.Devil's Stomp
10.Seasons
11.Ball & Chain

オジー・オズボーンバンドを脱退した Jake E. Leeが結成したバンド、Badlandsが1989年に発表したセルフタイトルのファーストアルバム。

実はこのバンド、音源は持っていたのですが、実はあまり聞き込んだことがありませんでした。Jake E. Leeというギタリストにあまり思い入れのない私には、特別なバンドというわけではなく、一聴して、ブルージーさに、このアルバムを投げ出していました。

このブログの常連のJohnさんに以前尋ねられて、久しぶりに引っ張り出してみたら、びっくり。いいですね。人間、歳月を重ねると嗜好も変わるもので、当時聞いていたときほどブルージーに聞こえず、むしろ気持ちよくロックしている。

このアルバムで聞かれる音はオジー時代の作りこまれた音ではなく、より生音を意識したライブ感のある音です。個人的には時々挟まれるスローな曲が気になるんですが、(セカンドに比べれば)ロックしています。

メンバーはギターがJake E. Lee。ボーカルはRay Gillen。癌で亡くなっちゃいましたが、ほんとにうまい。高音域の出し方はこういった音楽にぴったりあってると思う。亡くなったのが本当に惜しい。そしてドラムは現KISSのEric Singer。こうしてみるとすごいメンバーですね。





テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

SCREW IT!--Danger Danger

SCREW IT! -- Danger Danger (1991年)

ScrewIt


1.Ginger Snaps (song)
2.Monkey Business
3.Slipped Her The Big One
4.C'est Loupe
5.Beat The Bullet
6.I Still Think About You
7.Get Your Shit Together
8.Crazy Nights
9.Puppet Show
10.Everybody Wants Some
11.Don't Blame It On Love
12.Comin' Home
13.Horny S.O.B.
14.Find Your Way Back Home
15.Yeah, You Want It!
16.D.F.N.S.

今回紹介するのは、前回のPoisonほどメジャーではありませんが、やはり同様にポップでキャッチーな曲で好評を博したDanger dangerです。

英語版のWikipediaを見てみるとGlam Rockという枠付けがしてあるだけあって、やはり「そういう」バンドです。ですので、正統派のHR/HMファンからは敬遠されるバンドでしょう。しかし、ノリのいい、非常にキャッチーな曲をたくさん送り出しています。特に8.のCrazy Nightはサビの部分のシンプルさやWowと歌う部分など、ライブなら盛り上がること受けあいの曲です。他にもノリのいい曲やバラードなど、ポップアルバムとしては上出来のアルバムといえます。

とにかく車を流しながら聞くととても気持ちがいいアルバム。日本にいたときから車の中にはいつもこのCDが入っていましたが、ここカリフォルニアに移り住んでからは、青空のしたで聞くと最高!かれこれ16年も前のアルバムなんですが、古さを感じさせません。

彼らはこの後メンバーチェンジをし、音楽性も変わってしまったとのことで、このアルバムの後、彼らを追うことをしなくなってしまったのですが、最近ボーカルのTed Poleyが復帰し、このアルバムを作成した当時に近いラインナップになっているとか。うーーん、聞いてみたいな。



テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

OPEN UP AND SAY...Ahh!--Poison

OPEN UP AND SAY...Ahh!--Poison (1988年)

OpenUpAndSayAhh


1.Love on the Rocks
2.Nothin' But a Good Time
3.Back to the Rocking Horse
4.Good Love
5.Tearin' Down the Walls
6.Look But You Can't Touch
7.Fallen Angel
8.Every Rose Has Its Thorn
9.Your Mama Don't Dance
10.Bad to Be Good

前回はキッズロックからパーティーバンドへ走ってしまったTwisted Sistersの紹介でしたが、今回は元祖にして王者(笑)のパーティーバンド、Poisonです。

Poisonといえば「演奏が下手なくせに」とか「ルックスだけ」などと叩かれたバンドですが、彼らの特徴はとにかくノリのよさと親しみやすいメロディーで、まさしくパーティーバンドの面目躍如です。

そしてこのアルバムではついに全米ナンバー1ヒットを出します。全米ナンバー1だからいい曲というわけではありませんが、しかしそれだけ多くの人に支持されたということで、やはりただのルックスだけのバンドではないといえるでしょう。

特に7.Fallen Angelはいい曲だなっと思います。サビのキャッチーさは一度聞くと耳から離れない。

HR/HMというジャンルでくくると、どうしても無理がるバンドですよね。もっと正当に評価されてもいいのでは、と思います。





テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

LOVE IS FOR SUCKERS -- Twisted Sisters

LOVE IS FOR SUCKERS -- Twisted Sisters (1987年)

LoveIsForSuckers


1)Wake Up
2)Hot Love
3)Love Is For Suckers
4)I'm So Hot For You
5)Tonight
6)Me And The Boys
7)One Bad Habit
8)I Want This Night (To Last Forever)
9)You Are All That I Need
10)Yeah Right

最近の更新では、新しめのアルバムの紹介が続いていますが、久しぶりに80年代アルバムの紹介といきましょう。

っで、紹介するのはTwisted SistersのLove Is For Suckers。

Dee Snider 率いる Twisted Sisters。奇抜なメークとわかりやすいメロディーで、キッズロックの代表格として人気を博してきました。1984年の「We're Not Gonna Take It」や「I Wanna Rock」のヒットなどでバンドの地位を固めていきます。

ただ僕自身は色物バンドという意識が強く、なかなか手を出せませんでした。

そして、1987年、メークをとった彼らが発表したの5作目がこの「Love Is For Suckers」。それまではキッズのためのロックを歌ってきた彼らですが、インタビューでDee Sniderが「俺もやっぱり女が好きだってわかったのさ」と答えていたように、ラブソングが中心になっています。

そんなわけで、アルバム自体はまさしく80年代の典型的なパーティーロック。実はこういう音楽は大好きです(笑)。シンプルでいつかどこかで聞いたことがあるような気にさせるメロディー。その典型が2)Hot Love。サビのノリなんかは、ライブで絶対に受けそうなんだけどな。いい曲だよね。なんで、ベスト版に収録されないのか。

ただ、残念なことに、このアルバムおよびシングル「Hot Love」のリリースを持ってバンドとしての活動を停止してしまいます。時代の流れだったのかなぁ。





テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

MENIKETTI -- Dave MeniKetti

Meniketti -- Dave Meniketti (2002年)

Meniketti


1)Messin’ With Mr. Big
2)No Lies
3)Hard As I Try
4)Tough Luck Avenue
5)I Remember
6)Storm
7)It’s Over
8)All In This Together
9)I Can’t Take It
10)Lay Me Down
11)The Other Side
12)Tell Me (Why I Should Wait)
13)Take My Time
14)Train

またまたお久しぶりのパグジーです。完全復活にはまだまだ遠い日々です。

Y&Tのデイブ・メニケッティが2002年にリリースしたソロ2作目。最近はY&Tとしての活動とデイブの個人名義の活動の両方をしていますが、Y&Tが実質彼のバンドである以上、その音楽性には大きな差異は見られません。強いてあげればソロ名義ではよりブルーズよりのサウンドになる(特にソロ1作目の「On The Blue Side」で顕著)ことですが、この「Meniketti」アルバムではもう少しロックよりのブルーズロックを聞かせてくれます。

オープニングの1)「Messin’ With Mr. Big」からデイブ節炸裂。既にかっこよすぎ。その後も、5)の「I Remember」など、相変わらずの泣きのメロディー、ギターが満載です。あえて難を言えば、やはりブルーズロックなだけに、(特に後半は)スローな曲が多く、Y&Tを期待するとちょっとダルイ感じがすることでしょうか。でもスローな曲でも必ずデイブの奏でるメロディーとヴォーカル、そしてギターが胸にグッと突き刺さってきます。

しかし、なんでこの人はこんなにかっこいいんでしょーかね。



テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。