硬岩乃讌

これまで○十年間にわたって収集してきたCD/レコードのレビューを、個人的な感想丸出しでしていきます。勢いだけで作ったブログだけに、その勢いがいつまで続くか…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PRIDE(プライド)--White Lion(ホワイトライオン/1987年)

PRIDE(プライド)--White Lion(ホワイトライオン/1987年)

Pride.jpeg

1. Hungry
2. Lonely Nights
3. Don't Give Up
4. Sweet Little Loving
5. Lady of the Valley
6. Wait
7. All You Need Is Rock N Roll
8. Tell Me
9. All Join Our Hands
10. When the Children Cry


アメリカのバンドながらヨーロッパ的な湿り気を含んだサウンドが特徴の「White Lion」が1987年に発表した第2作。一応ジャンル的にはハードロックに分類されるのだろうけど、当時LAメタルブームで出現したバンドとは一線を画した、キャッチ-でメロディアスな曲が満載の名盤です。

このバンドのハイライトはなんといってもギターのヴィト・ブラッタではないでしょうか。当時はエディー・ヴァン・ヘイレンのコピーなどと言われ、実際影響を受けていないかといえば受けているのだろうけど、その頃の、手数が多ければ良しという風潮の中で、叙情たっぷりのプレーはもっと評価されるべき。彼が生み出すフレーズの数々は他の誰とも違う耳のこりの良いものです。(エディーと似ているのはむしろ顔なのではないか(笑))。ソロはもちろん、バッキングでも見事な存在感を示しています。

そんな彼とヴォーカルのマイク・トランプが作り出した曲はメロディーが非常に美しく、この2作目で音楽的にも商業的にもピークを迎えます。彼らが作った全4作のうち、完成度は断然本作が一番上で、実際にチャート的にもアルバムが全米11位、シングルでは「Wait」が全米8位、「When The Children Cry」が3位の大ヒットを記録します。

ただ、その後は本作の呪縛から逃れることができず、失速・消滅していきました。その後、マイク・トランプは「White Lion」の再結成を何度か画策したようですが、ギターのヴィト・ブラッタの不参加、それに伴う名称使用の権利などから「Tramp's White Lion」という名前で活動をしているようです。

ヴォーカルのマイク・トランプはハスキーな声質で「White Lion」のサウンドを作り出す重要な要素の一つになっていますが、いかんせん不安定さは否めず、スタジオならまだしも、ライブでは相当不安定なパフォーマンスになります。またベース、ドラムスも技量的には今一歩で、そういったあたりがこの後の失速の要因にもなっているのかもしれません。ギターのヴィトは「White Lion」解散後は音楽業界から身を引き、音信不通になっていましたが、2007年頃、ニューヨークのラジオ局のインタビューに答え、久しぶりに公の場に姿を現したようです。才能あふれる人物だけに、このまま埋もれてしまわずにまた一線で活躍してほしいものです。

Pure Rock インタビュー

リンクは、懐かしの「Pure Rock」出演時のインタビューです。当時の放送では、このインタビューの後スタジオギグで「Wait」と「Tell Me」を演奏したのですが、両方とも口パクでがっかりしたのを覚えています。この「PRIDE」までは好意的な記事が多かった「BURRN」誌が、これ以降厳しい批評が目立つようになった気がするのですが、考えすぎでしょうかね。






スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

ODYSSEY (オデッセイ) -- (Yngwie J. Malmsteen's Rising Force/1988年)

ODYSSEY (オデッセイ) -- (Yngwie J. Malmsteen's Rising Force/1988年)

odyssey.jpg

1. Rising Force
2. Hold On
3. Heaven Tonight
4. Dreaming (Tell Me)
5. Bite The Bullet
6. Riot In The Dungeons
7. Deja Vu
8. Crystal Ball
9. Now Is The Time
10. Faster Than The Speed Of Light
11. Krakatau
12. Memories

1988年のイングヴェイ・マルムスティーンの4作目の作品。ジョー・リン・ターナーがヴォーカルをとったことでも話題になりました。と言う私も、ジョーがボーカルと言うことで購入した口です。

インギーくらい作品ごとの評価が分かれるミュージシャンは珍しいと思うのですが、この作品もインギーのギターを期待するファンからの評価は今一歩のような気がします。しかし、反面、この作品の楽曲のすばらしさ、キャッチーな曲群は評価されるべきものだと思います。

その代表格の"Heaven tonight"なんて、これまでの(というか、この後の作品も含めて)インギーの作品では決して聴かれない作品でしょう。それ以外にも"Rising Force""Deja Vu""Dreaming""Crystal Ball""Now Is The Time"など、ジョーが参加したからこその、耳のこりのいい曲の数々は、やはり「ソウルメイト」だったジョーの功績でしょうか。

この作品はインギーが再起不能かと言われたほどの大事故から復帰してのものだけに、ギターフリークに言わせると「弾けていない」そうなのですが、むしろそれが故に抑え気味になったギターが歌を前面に押すことになりバランスがとれたのかもしれません。

インギーのスタイルとジョーが持ち込んだコマーシャル性が見事に融合した傑作です。



テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Savage Amusement (サヴェイジ・アミューズメント) -- Scorpions(スコーピオンズ/1988年)

Savage Amusement (サヴェイジ・アミューズメント) -- Scorpions(スコーピオンズ/1988年)

savage amusement

1. Don't Stop At The Top
2. Rhythm Of Love
3. Passion Rules The Game
4. Media Overkill
5. Walking On The Edge
6. We Let It Rock... You Let It Roll
7. Every Minute Every Day
8. Love On The Run
9. Believe In Love

最新作「Sting In The Tail」をもって解散すると宣言したスコーピオンズ。そのスコーピオンズが1988年に発表した作品です。長いワールドツアーの終了後、前作から4年を経て発表されました。そして1988年にアメリカで行われた「Monsers of Rock」にも参加した(Van Halenがヘッドライナー、なんとこの頃はまだメタリカがセカンドアクトでドッケンの前でした。)頃です。

セールス的には全米5位という実績を残したのに、世間一般(というか、コアなファンかも)では失敗作として扱われることが多いこの作品。理由は「走る」曲がないことでしょうか。アメリカでも彼らを一躍有名にした「Blackout」。あの切れ味の鋭い曲は特別ですが、かといって彼らをそれだけと思ってはいけない。作品自体はポップで、湿り気もあって、バラエティ豊かで、彼らならではの曲作りのレベルの高さを十分認識させてくれるものです。そしてなにより、クラウス・マイネの歌のうまさはこの作品でも存分に発揮されていて、むしろバラード系の曲でそのうまさを堪能できると思います。

確かに時代に流された作品という見方も出来るかもしれませんが、いい意味で80年代のロックの音を体感できる作品。一時期廃盤になっていたようですが、最近はリマスター盤が発売されている模様。

いや~~、でも懐かしいな。ちょうどMonsters of Rockと重なり合ってたこともあって、3.や9.なんてラジオでかかりまくっていましたもんね。





テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

街でみかけたもの--Nagoya Way

近くにあるSan Pedro(サン・ペドロ)という街で見かけました。

nagoya.jpg


なんてことはないんですが、うれしくなるものですね、地元の人間としては。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

One Live KISS -- Paul Stanley (ポール・スタンレー/2008年)

One Live KISS -- Paul Stanley (ポール・スタンレー/2008年)

one_live_kiss.jpg

1. Prologue/Tonight You Belong to Me
2. Live To Win
3. Hide Your Heart オリジナルはこちら
4. Million to One
5. Got To Choose
6. Move On
7. Bulletproof
8. Tonight You Belong To Me
9. Lick It Up オリジナルはこちら
10. Wouldn't You Like to Know Me?
11. Magic Touch オリジナルはこちら
12. I Still Love You
13. Strutter
14. Everytime I See You Around
15. Do You Love Me
16. I Want You
17. Love Gun
18. Lift
19. Detroit Rock City
20. Good Bye

今回はDVDの紹介。KISSのポール・スタンレーがKISSの活動と並行して2006年にリリースしたソロアルバム「Live To Win」に伴うツアーの様子を収めたライブDVDです。

vlcsnap-2010-09-04-17h26m37s74.png

セットリストは上記の通りですが、「Live To Win」からの曲が2,4,7,14,18。ファーストソロからの曲が6,8,10,20。残りの曲がKISSからの曲で、まあ当然というか多いです。しかし、KISSとして普段は活動している以上、なかなか聴くことができないファーストアルバムからの曲が演奏されるのはうれしい限りです。

DVDは、ポールの少年時代の回想から始まり、アルバムタイトルでもある「Live To Win」でライブの幕が開きます。そしてソロアルバムのタイトル曲でもあり、サビの部分が力強い「Live To Win」。そして、アルバム「Hot In The Shade」からの「Hide Your Heart」へ続きます。この「Hide Your Heart」は個人的に最高だと思っています。ライブでは聴いたことがないのですが、元々好きな曲だけあって、素直にカッコイイと思う。曲の途中の「Ah,Ah,Ah,Ahhh」のコーラスの部分ではポールのお得意のステップも出るし。

「A Million To One」、「Got To Choose」とKISSのナンバーが続いた後にファーストからノリのいい「Move On」へと続いていきます。さらにはライブではめったに演奏されない11「Magic Touch」も感涙ものですね。

そして、セット後半では定番曲をいくつか並べて、78年のソロアルバム収録の「Good Bye」にて終了。

KISSの活動の休止期間中だっただけにポールがちょっと太め(?)だったのと、やや高音が辛そうだったのが気になると言えば気になるのですが、それでもやはりポールは天性のフロントマンだな、と感じます。とにかくステージに立つ姿が完璧、かっこいい。特にメークをしていないだけに、アニメキャラクター的な(ある種の)おかしさがなく、ごく自然にライブ、曲にのめり込めるのです。またKISSの時にはめったに持つことのないレスポールを持つポールもすごく新鮮に見えました。

vlcsnap-2010-09-04-16h51m41s105.png

実は(ごく少数派だというのは十分分かっているのですが)個人的にはノーメーク時代のKISSのほうがサウンド的にもヴィジュアル的にも好きなのです。久しぶりにポールのノーメークでのライブが見られてうれしい限りです。

バックメンバーに関してはあまり詳しくは分からないのですが、ポール親分が若手を連れての演奏、といった風情です。演奏自体は確かなものですが、圧倒的な存在感のポールにはやはりかないません(もちろんそうさせているんでしょうけど)。

ライブはこぢんまりとした会場で、こんなところでライブを見られたらいいだろうなあ、という会場で、アットホームな感じです。でも私自身はKISSのライブをこのレベルの会場で見たことがあるんです。

vlcsnap-2010-09-04-16h50m44s11.png

地元の名古屋では今でこそナゴヤドームやレインボーホールなどもあるのですが、1988年の10年ぶりの来日公演(Crazy Crazy Night Tour)の時は、現在のような大会場もなく、もっといえばそんなに集客も見込めないとあって、2000人規模の「名古屋市公会堂」で行われました。もう、このときは最高でした。まさに目の前にメンバーがいる感覚で、手を伸ばせば届きそうな。ラストの「Shout It Out Loud」では10年ぶりのライブということもあり、年季が入ったファンが感涙を流していたのを覚えています。

脱線しましたが、やはりポールはライブを見て「なんぼ」だなと。ただ、このDVD、日本では発売が未定らしいですね。最新アルバムの「Sonic Boom」もしかり。もうKISSは日本では厳しい状況なんですかね。





動画リンクを探したのですが、数が多すぎて中途半端で断念しました。しかし、PVではなく、DVDの映像も探せてしまうっていうのは、ちょっと複雑な気持ちですね・・・。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Incerdible Boy!!

Crazy Train (Ozzy Osbourne/Yuto Miyazawa)

日本では既にかなり有名らしいですね。

こちらアメリカでも、最近Yahooの第1面のニュースになったり、イベントで国歌を演奏するなど急速に認知されつつあります。

ギタリスト探しの名人のオジーが自分のライブで演奏させるんだから、相当なもんですね。私も爪のアカでも煎じて飲ませてもらいたいものです。



しかし、10年後の彼って、どんなポジションにいるんでしょうかね。10年後は20歳でしょ・・・。




テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。