硬岩乃讌

これまで○十年間にわたって収集してきたCD/レコードのレビューを、個人的な感想丸出しでしていきます。勢いだけで作ったブログだけに、その勢いがいつまで続くか…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Exposed (エクスポーズド)--Vince Neil (ヴィンス・ニール/1993年)

Exposed (エクスポーズド)--Vince Neil (ヴィンス・ニール/1993年)

exposed.jpg

1. Look In Her Eyes
2. Sister Of Pain
3. Can't Have Your Cake
4. Fine, Fine Wine
5. The Edge
6. Can't Change Me
7. Set Me Free(Sweet Cover)
8. Living Is A Luxury
9. You're Invited (But Your Friend Can't Come)
10. Gettin' Hard
11. Forever

モトリー・クルーのヴォーカリスト、ヴィンス・ニールがモトリー・クルーをクビになった後、1993年に発表したソロアルバム。

HR/HMにどっぷりはまってからも、個人的にはモトリー・クルーがどうしても好きになれず、じっくりと聞き込んだ覚えがないのです。(「Dr. Feelgood」は傑作と認めますが、それ以外はどうしても好きになれない。音楽性もですが、ヴィンス・ニールのヴォーカルスタイルがどうしても好きになれない。)

そんな私ですが、このソロにはマイケル・モンローとのプロジェクト「エルサレム・スリム」を反故にしてスティーヴ・スティーヴンスが参加するということで聞くことに。

アルバム全体を支配するのがモトリー・クルーの傑作アルバム「Dr. Feelgood」の流れを受け継ぐような勢いのあるロックで、それにスティーヴ・スティーヴンスのメカニカルなギターサウンドが冴え渡るという感じです。特にリードナンバーの「1. Look In Her Eyes」や「9.You're Invited」あたりはそれを強く感じます。

その一方で「3. Can't Have your Cake」や「4. Fine, Fine Wine」あたりは、いわゆるモトリーっぽい曲と言えます。また「Time For Change」 を彷彿とさせる「6. Can't Change Me」や「11.Forever」などのバラードや新境地を開いたと言える「8. Living Is A Luxury」など、ヴィンスとスティーブの良いところがうまく融合したと言える作品かもしれません。

個人的にはマイケル・モンローとスティーヴ・スティーヴンスがジョイントし、素晴らしい作品を作ったエルサレム・スリムに強烈な期待をしていただけに、そのチャンスを奪ってしまったヴィンスとこの作品には複雑な気持ちですが。ここは素直に”Feelgood”と言っておきましょう。








スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Pandemonium (パンデモニアム) -- Pretty Maids (プリティ・メイズ/2010年)

Pandemonium (パンデモニアム) -- Pretty Maids (プリティ・メイズ/2010年)

Pandemonium.jpg

1. Pandemonium
2. I.N.V.U.
3. Little Drops of Heaven
4. One World One Truth
5. Final Day of Innocence
6. Cielo Drive
7. It Comes At Night
8. Old Enough To Know
9. Beautiful Madness
10. Breathless
11. It Comes At Night


デンマークのベテランバンド、プリティ・メイズの2010年発表の最新作。2006年のWake Up To The Real World 以来、4年ぶりの新作となります。グループロゴも初期のものに戻したようで、原点回帰の意思の表れでしょうか。

ここ数作はファンの間でも残念な作品が多いと言われている彼らですが、本作はかなり力作と言っていいのでは。(というか、Pretty Maidsの作品はどれも無条件で力作になってしまうのが私の悪い癖ですが・・・。)

1. Pandemoniumの展開は、まさにPretty Maidsという展開で、ある意味お約束なんですが、壮大なナンバーに仕上がっています。そしてファーストシングルの 3. Little Drops of Heaven は彼ららしいメロディアスなナンバー、そして疾走する4. One World One Truthと続くように、彼らの魅力が十分に発揮されていると思います。

ここ数作の彼らの作品が残念と思うファンは、やはり初期の頃のパワーメタルを期待しているのでしょうか。それも彼らの魅力ですが、しかしメローなバラード、そしてそれにかぶるロニーのヴォーカル、ポップなナンバーも彼らのまた魅力なのです。(でも楽曲的にがっかりな作品も時にありますが、そこには今回は触れない方向で。)

しかし、デビュー以来25年以上経つわけですか。その間、諸事情により活動休止期間はあったりしますが、変わらず活動を続け、コンスタントに作品を発表し続けてくれる彼ら。愛すべきバンドです。これからも長く活動を続けてくれることを切に願う次第です。





Wave of Heat -- Izzy Stradllin (2010年)

Wave of Heat -- Izzy Stradllin (2010年)

cover4.jpg

1. Beat Up
2. Old Tune
3. Rollin Rollin
4. Gone
5. Difference
6. Waiting for My Ride
7. Job
8. Raven
9. Way It Goes
10. Texas

ガンズ・アンド・ローゼズの元ギタリスト(というより、すでに脱退後の方が長い時間が経っていますが)のイジー・ストラドリンの2010年発表の作品。

ガンズ脱退後に「Izzy Stradlin and Ju Ju Hound」名義で作品を発表しましたが、その後ソロ名義になり、10作目の作品にあたります。作品発表の場も2003年以降はインターネット配信に代わり、ここ数年は毎年新作を発表しています。

そしてそこにあるのは、いつも変わらぬイジー・ワールド。なんでこの人はこれだけ変わらずにいられるのでしょうかね。全然悪い意味でなく、ほんとうに素直にかっこいいと思えるし、肩の力が抜けた自然体のかっこよさがあふれる作品です。走る曲があるわけでも壮大な曲があるわけでもなく、ただ自由に自分の書きたい曲を書き、表現したいように表現するイジーの姿が目に浮かぶようです。

もうこれは理屈では語れるものではなく、とにかく聞いてほしい、いや感じてほしいと思います。



テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。