硬岩乃讌

これまで○十年間にわたって収集してきたCD/レコードのレビューを、個人的な感想丸出しでしていきます。勢いだけで作ったブログだけに、その勢いがいつまで続くか…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PRIDE(プライド)--White Lion(ホワイトライオン/1987年)

PRIDE(プライド)--White Lion(ホワイトライオン/1987年)

Pride.jpeg

1. Hungry
2. Lonely Nights
3. Don't Give Up
4. Sweet Little Loving
5. Lady of the Valley
6. Wait
7. All You Need Is Rock N Roll
8. Tell Me
9. All Join Our Hands
10. When the Children Cry


アメリカのバンドながらヨーロッパ的な湿り気を含んだサウンドが特徴の「White Lion」が1987年に発表した第2作。一応ジャンル的にはハードロックに分類されるのだろうけど、当時LAメタルブームで出現したバンドとは一線を画した、キャッチ-でメロディアスな曲が満載の名盤です。

このバンドのハイライトはなんといってもギターのヴィト・ブラッタではないでしょうか。当時はエディー・ヴァン・ヘイレンのコピーなどと言われ、実際影響を受けていないかといえば受けているのだろうけど、その頃の、手数が多ければ良しという風潮の中で、叙情たっぷりのプレーはもっと評価されるべき。彼が生み出すフレーズの数々は他の誰とも違う耳のこりの良いものです。(エディーと似ているのはむしろ顔なのではないか(笑))。ソロはもちろん、バッキングでも見事な存在感を示しています。

そんな彼とヴォーカルのマイク・トランプが作り出した曲はメロディーが非常に美しく、この2作目で音楽的にも商業的にもピークを迎えます。彼らが作った全4作のうち、完成度は断然本作が一番上で、実際にチャート的にもアルバムが全米11位、シングルでは「Wait」が全米8位、「When The Children Cry」が3位の大ヒットを記録します。

ただ、その後は本作の呪縛から逃れることができず、失速・消滅していきました。その後、マイク・トランプは「White Lion」の再結成を何度か画策したようですが、ギターのヴィト・ブラッタの不参加、それに伴う名称使用の権利などから「Tramp's White Lion」という名前で活動をしているようです。

ヴォーカルのマイク・トランプはハスキーな声質で「White Lion」のサウンドを作り出す重要な要素の一つになっていますが、いかんせん不安定さは否めず、スタジオならまだしも、ライブでは相当不安定なパフォーマンスになります。またベース、ドラムスも技量的には今一歩で、そういったあたりがこの後の失速の要因にもなっているのかもしれません。ギターのヴィトは「White Lion」解散後は音楽業界から身を引き、音信不通になっていましたが、2007年頃、ニューヨークのラジオ局のインタビューに答え、久しぶりに公の場に姿を現したようです。才能あふれる人物だけに、このまま埋もれてしまわずにまた一線で活躍してほしいものです。

Pure Rock インタビュー

リンクは、懐かしの「Pure Rock」出演時のインタビューです。当時の放送では、このインタビューの後スタジオギグで「Wait」と「Tell Me」を演奏したのですが、両方とも口パクでがっかりしたのを覚えています。この「PRIDE」までは好意的な記事が多かった「BURRN」誌が、これ以降厳しい批評が目立つようになった気がするのですが、考えすぎでしょうかね。






スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pugsy.blog50.fc2.com/tb.php/111-ddc200ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。