硬岩乃讌

これまで○十年間にわたって収集してきたCD/レコードのレビューを、個人的な感想丸出しでしていきます。勢いだけで作ったブログだけに、その勢いがいつまで続くか…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VOA--Sammy Hagar (1984年)

VOA--Sammy Hagar (1984年)

VOA.jpg

1. I Can't Drive 55   
2. Swept Away
3. Rocks Is In My Blood
4. Two Sides Of Love  
5. Dick In The Dirt
6. VOA   
7. Don't Make Me Wait
8. Burnin' Down The City

Mr. Redことサミー・ヘイガーの1984年、Van Halen加入直前の作品。

別名ヴォイス・オブ・アメリカと呼ばれるだけあり、直球一直線の熱~~いロックがこの作品では展開されています。キャピタル時代は乾いたアメリカンロックを聴かせてくれていたサミーですが、ゲフィンに移籍後はハードドライヴィングなロックに移行し、この作品でもしっかりとそれが踏襲されています。いや、全2作(「Standing Hampton」や「Three Rock Box」)よりもさらにハードさが増しているのは、この作品の前のニール・ショーンとのプロジェクト「HASA」の影響も強いのでしょう。

いずれにしても「There's Only One To Rock」とならんで彼の代表曲とも言える「I Can't Drive 55」や「VOA」で聴かれる、思い切りアメリカを意識させてくれるハードロック、さわやかな「Two Side of Love」「Don't Make Me Wait」など捨て曲無しの作品に仕上がっています。

私自身はサミー・ヘイガー信者なのですが、サミーの作品には捨て曲なるものがよく見かけられるのも事実。それを彼の声とパワーで補っている感があるのですが、この作品に関しては楽曲的にも高レベルと言えます。

アーティストの「諸事情」で中止になってしまった幻の日本公演。私も楽しみにしていましたが、中止でほんとにがっかりしたものでした。しかし、Van Halen加入後の日本ツアーで「I Can't Drive 55」を聴いたときにはほんとに狂喜乱舞したなぁ。まわりのVan Halenファンたちは冷めた目で見てたけど。

しかし、プロモのセンスには時代を感じますね・・・。アルバムジャケットやVOAのプロモでもパラシュートでホワイトハウスに降下なんてことが似合うのはサミー以外には考えられない!!





スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pugsy.blog50.fc2.com/tb.php/112-c5ea117f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。