硬岩乃讌

これまで○十年間にわたって収集してきたCD/レコードのレビューを、個人的な感想丸出しでしていきます。勢いだけで作ったブログだけに、その勢いがいつまで続くか…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ROCK WILL NEVER DIE (ロック・ウィル・ネバー・ダイ)--Michael Schenker Group (マイケル・シェンカー・グループ/1984年)

ROCK WILL NEVER DIE (ロック・ウィル・ネバー・ダイ)--Michael Schenker Group (マイケル・シェンカー・グループ/1984年)

rock will never die

1.Captain Nemo
2.Rock My Nights Away
3.Are you Ready to Rock
4.Attack of the Mad Axeman
5.Into the Arena
6.Rock Will Never Die
7.Desert Song
8.I'm Gonna Make you Mine
9.Doctor Doctor

マイケル・シェンカー・グループが1984年に発表したライブアルバム。今回紹介するのは、2009年のリマスター盤ではなくオリジナル盤です。リマスター盤は曲数が増えているのでいつか聴いてみたいと思っています。

元レインボーのグラハム・ボネットを迎えて制作した「Assault Attack」はまぎれもない名盤だと思うのですが、残念ながらグラハム、そしてコージー・パウエルとの作品はこれ一作で終わり。彼らが相次いで脱退した後、ゲイリー・バーデンを再び迎えて、1983年に制作された「Built To Destroy」。それに伴い、1983年ロンドンのハマースミス・オデオンで開かれたライブの模様を収めたライブアルバムです。

個人的にはテープ(!)が擦り切れるほど聴いたアルバムですが、特に1~3曲目までの流れは完璧すぎ。曲の完成度はもちろんですが、ライブ感もばっちりで、一気にアルバムに引き込まれます。そしてマイケルの兄である、スコーピオンズのルドルフ・シェンカーと同じくスコーピオンズのクラウス・マイネを迎えてのUFOの名曲、「Doctor Doctor」は背筋がゾクゾクするほどの完成度ですが、残念なのは、やや中だるみがあること。オリジナル盤は曲数が少ないだけに、そのままの勢いで最後まで行ってほしかったかな。Armed And Readyあたりが入っていれば良かったかもしれません。(リマスター盤には入っているようですね。)

歌の下手さ云々を言われるゲイリーですが、個人的にはやはりうまいとは思いませんが、嫌いなシンガーではないし、やはりマイケルとの相性がよいような気がします。(ただ「Dancer」だけはやめてほしかった(笑)。)

Dancer グラハム バージョン
Dancer ゲイリー バージョン

しかし、ノっているときのマイケルはやはりすごい。そう再認識させてくれるアルバムです。






前回のエントリーの最後で、組体操のBGMの話を少し書いたのですが、実は2曲ありまして、もう1曲はこの作品のオープニングナンバーの「Captain Nemo」です。学校のグラウンド中に流れる「Captain Nemo」と「Difficult To Cure」。完全に自己満足ですね(笑)。

スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pugsy.blog50.fc2.com/tb.php/114-f778da77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。