FC2ブログ

硬岩乃讌

これまで○十年間にわたって収集してきたCD/レコードのレビューを、個人的な感想丸出しでしていきます。勢いだけで作ったブログだけに、その勢いがいつまで続くか…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Exposed (エクスポーズド)--Vince Neil (ヴィンス・ニール/1993年)

Exposed (エクスポーズド)--Vince Neil (ヴィンス・ニール/1993年)

exposed.jpg

1. Look In Her Eyes
2. Sister Of Pain
3. Can't Have Your Cake
4. Fine, Fine Wine
5. The Edge
6. Can't Change Me
7. Set Me Free(Sweet Cover)
8. Living Is A Luxury
9. You're Invited (But Your Friend Can't Come)
10. Gettin' Hard
11. Forever

モトリー・クルーのヴォーカリスト、ヴィンス・ニールがモトリー・クルーをクビになった後、1993年に発表したソロアルバム。

HR/HMにどっぷりはまってからも、個人的にはモトリー・クルーがどうしても好きになれず、じっくりと聞き込んだ覚えがないのです。(「Dr. Feelgood」は傑作と認めますが、それ以外はどうしても好きになれない。音楽性もですが、ヴィンス・ニールのヴォーカルスタイルがどうしても好きになれない。)

そんな私ですが、このソロにはマイケル・モンローとのプロジェクト「エルサレム・スリム」を反故にしてスティーヴ・スティーヴンスが参加するということで聞くことに。

アルバム全体を支配するのがモトリー・クルーの傑作アルバム「Dr. Feelgood」の流れを受け継ぐような勢いのあるロックで、それにスティーヴ・スティーヴンスのメカニカルなギターサウンドが冴え渡るという感じです。特にリードナンバーの「1. Look In Her Eyes」や「9.You're Invited」あたりはそれを強く感じます。

その一方で「3. Can't Have your Cake」や「4. Fine, Fine Wine」あたりは、いわゆるモトリーっぽい曲と言えます。また「Time For Change」 を彷彿とさせる「6. Can't Change Me」や「11.Forever」などのバラードや新境地を開いたと言える「8. Living Is A Luxury」など、ヴィンスとスティーブの良いところがうまく融合したと言える作品かもしれません。

個人的にはマイケル・モンローとスティーヴ・スティーヴンスがジョイントし、素晴らしい作品を作ったエルサレム・スリムに強烈な期待をしていただけに、そのチャンスを奪ってしまったヴィンスとこの作品には複雑な気持ちですが。ここは素直に”Feelgood”と言っておきましょう。








スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2012/10/17(水) 11:45:29 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pugsy.blog50.fc2.com/tb.php/117-897dcebe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

  • 2012/10/26(金) 21:34:58 |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。