硬岩乃讌

これまで○十年間にわたって収集してきたCD/レコードのレビューを、個人的な感想丸出しでしていきます。勢いだけで作ったブログだけに、その勢いがいつまで続くか…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PULL (プル) -- Winger (1993年 AMCY-540)

"PULL -- Winger"

Pull


1. Blind Revolution Mad
2. Down Incognito
3. Spell I'm Under
4. In My Veins
5. Junkyard Dog (Tears On Stone)
6. The Lucky One
7. In For The Kill
8. No Man's Land
9. Like A Ritual
10.Who's The One

(太字は筆者のお気に入りの曲)

最終作となった3作目。

前作から3年が経っていますが、その間にスーパーユーティリティープレーヤーとして存在感を示していたポール・テイラーが「ツアーがいや」という理由で脱退。そして、時代は華やかなポップロックの時代から確実にグランジに移っています。

BON JOVIやAEROSMITHのような「超」ビッグなバンドは別として、他のビッグバンドの多くがレコード会社との契約を失っていく厳しい時代にリリースされたアルバム。

やはり時代を反映してダークな歌詞、ヘビーなサウンドに彩られています。僕も当初はこの沈んだサウンドがダメでほとんど聞いていなかったのですが、しっかり腰をすえて聴きなおしてみてびっくり。実はよい曲がそろう好盤です。2.Down Incognito のサビの部分もそうだけど(歌詞は暗いけど)、暗いメロディー、サウンドなんだけどサビの部分で一気に引きずり込まれていきます。いくつかのサイトでこのアルバムを彼らのベストに推しているのもうなづけます。改めてキップの曲作りの能力の高さに脱帽。

残念ながらこの3作目を最後にバンドとしてのウィンガーは活動を停止してしまいますが、もっと評価されてしかるべきバンドではないかと思います。

キップ・ウィンガーのソロはまたの機会に紹介ができればと思います。





スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pugsy.blog50.fc2.com/tb.php/13-64198075
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。