FC2ブログ

硬岩乃讌

これまで○十年間にわたって収集してきたCD/レコードのレビューを、個人的な感想丸出しでしていきます。勢いだけで作ったブログだけに、その勢いがいつまで続くか…。

RESTLESS HEART -- Whitesnake

RESTLESS HEART -- Whitesnake (1997年/TOCP-50090)

RestlessHeart


1. Don't fade away
2. All in the name of love
3. Restless heart
4. Too many tears
5. Crying
6. Stay with me
7. Can't go on
8. You're so fine
9. Your precious love
10.Take me back again
11.Woman trouble blues
12.Anything you want
13.Can't stop now
14.OI

1988年の「Slip Of The Tougue」で燃え尽きてしまったかのようなホワイトスネイク。実際、カヴァデールはその後のインタビューで休息が必要だったと述べているように、巨大なロックビジネスに飲み込まれ、疲弊しつくしてしまったようです、

そんなホワイトスネイクが1994年のベストをはさんで1998年に発表したアルバムです。

巨大になりすぎてしまったバンドに疲れた、という言葉どおりに、このアルバムで聞かれるのは原点に返ったような、ボーカルを中心としたブルーズです。

アルバムのリーディングトラックは最初の印象を決めるために大変重要なものですが、このアルバムでは静かな1.Don't Fade Awayで始まるように、全体が非常にリラックスした雰囲気を与えます。(このリーディングトラックはカヴァデールもやはり迷いが合ったようで、後のB誌のインタビューでも当時の編集長に違う意見を聞いていました。)

このアルバムを聞くと、カヴァデールはこういう音楽をずっとしたかったんだろうなぁ、としみじみ思います。

このアルバムは同時に、カヴァデール曰く、「ヴァンデンバーグへの恩返し」でもあるそうです。アメリカで大成功を収めてからずっと友に活動してきたエイドリアン・ヴァンデンバーグは結局ホワイトスネイクとしてのアルバムを録音することがありませんでした。そのため、ホワイトスネイク名義でエイドリアンと作りたかった、とカヴァデールは考えたようです。実際、アルバム自体はカヴァデールのソロといったほうが適切な内容だとは思うのですが。ただ、エイドリアンはこういう音楽をしたかったんでしょうかね。後のManic Edenを聞くと、どうも違うような気もするんですが。

地味ですが、味のあるアルバムです。




スポンサーサイト



テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pugsy.blog50.fc2.com/tb.php/39-910cbf62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)