FC2ブログ

硬岩乃讌

これまで○十年間にわたって収集してきたCD/レコードのレビューを、個人的な感想丸出しでしていきます。勢いだけで作ったブログだけに、その勢いがいつまで続くか…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Heart Beat -- Motoharu Sano

HEART BEAT -- Motoharu Sano (1981年)

HeartBeat


1. ガラスのジェネレーション
2. ナイトライフ
3. バルセロナの夜
4. イッツ・オーライト
5. 彼女
6. 悲しきレイディオ
7. グッド・バイブレーション
8. 君をさがしている(朝が来るまで)
9. Interlude
10.ハートビート

管理人が期末テスト中(作成のほうですが)のため、更新が中断しておりました。申し訳ありません。

で、中断明けの一発目が「んっ」、HR/HMじゃないじゃん、という感じですが。まあ、たまには趣向を変えて。

実は管理人は日本人のシンガーやグループの曲というのをほとんど聴いたことがなくて。もちろん聴くんですがそれはあくまでも「歌謡曲の延長」としてしか聴けないわけで。だからヒットチャートの上位に出るような曲は「カラオケ用」に一応聴くわけですが、ほんとにアーティストとして聴いているのこの佐野元春だけなわけです。(多分聞かず嫌いなだけだとは思うので、もしお勧めの日本人アーティストがあったらぜひご連絡を。)

佐野元春が好きな人であれば多くの人が傑作アルバムとしてあげるのは次作の「SOMEDAY」だと思うのですが、ここではあえて、この「Heart Beat」アルバムを。

ファーストの「Back to the Street」では非常に荒々しいながらも、都会の若者の心情を歌い上げたのですが、このセカンドではその荒々しさ、みずみずしさを残しながらも、さらに洗練されていきます。

元春の代表曲「ガラスのジェネレーション」や初期のライブでは定番の「悲しきRadio」など、名曲がてんこ盛り。次作の「SOMEDAY」があまりにも完成されすぎなのに比べて、熱さが感じられるアルバムです。



スポンサーサイト

テーマ:j-pop - ジャンル:音楽

コメント

Johnさん、こんにちは。
そうそう、確かに中・高生のころでしたね。白井貴子だ。すっかり忘れてましたよ(笑)。
それはそうと、JohnさんもTeacherなんですか?そちらのほうがびっくりですね。こちらこそよろしくお願いします。そのうち教育談義なんか始めたりして(苦笑)。

  • 2006/11/23(木) 19:30:55 |
  • URL |
  • パグジー #-
  • [ 編集]

以外な展開だぁ~(^_^;)

まさか佐野元春で来るとは・・・笑
えっ?!Japaneseはほとんど興味なし???
だったら我が家を参考にしてくだされ(*^^)v
佐野元春と言えばあとはやっぱり『Someday』だねぇ~白井貴子も歌ってたもんね^^
何て言うか独特のトーンを持った人だよね~おいらなんかの中学から高校にかけてが全盛かな?いわゆる「ニューミュージック」ってジャンルが確立された頃・・・
まぁたまにはこんなのも出てくるとおもしろいからまたやってねぇ~(^^♪

ところでパグジー殿はTeacherだったの?
しかも同い年なんやぁ~^^
おいらも一応Teacherなので改めてよろしく~^^

  • 2006/11/23(木) 06:43:29 |
  • URL |
  • John #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pugsy.blog50.fc2.com/tb.php/45-f6aaf955
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。