硬岩乃讌

これまで○十年間にわたって収集してきたCD/レコードのレビューを、個人的な感想丸出しでしていきます。勢いだけで作ったブログだけに、その勢いがいつまで続くか…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100 Greatest Artist of Hard Rock

たった今テレビを見ていたら、「ロックが死んだ国」といわれているこの国アメリカで、なんと「100 Greatest Artist of Hard Rock」なる番組が放映されていました。ちょうど裏で「ラスト・サムライ」をやってて(笑)、最初のほうは見逃してしまったんですが、今回はその報告を。

どんな基準で選ばれたかというのがあまり定かではないのですが、どうも業界の人たちから意見を聞いて選んだような感じです。紹介の合間合間に入る「業界の人」たちのインタビューがなかなか面白かったのですが、

まずは順位から
1. Led Zeppelin
2. Black Sabbath
3. Jimmy Hendrix
4. ACDC
5. Metallica
6. Nirvana
7. Van Halen
8. The Who
9. Gun'n Roses
10. KISS
11. Aerosmith
12. Sex Pistols
13. Queen
14. Pink Floyd
15. Cream

いかにもアメリカらしい結果ですね。上位の3組は予想どおりでしたが、その中でもツェッペリンは完全に別格。どのミュージシャンも最大級の賛辞です。リッチー・ブラックモアやロジャー・グローバーも彼らのすごさを認める発言をしていいました。日本だったら彼らがいたディープ・パープルと並ぶくらいの位置になるんでしょうけど。ここアメリカでは「50年代のエルビス」「60年代のビートルズ」そして「70年代はツェッペリン」という扱いです。実際ツェッペリンのレコード販売数はストーンズの倍とも言われています。

あっ、ちなみに2位のサバスはオジー時代ばっかりでディオ時代はなかったことのようになってました。

意外だったのはボン・ジョビが上位に入っていないこと。彼らをHR/HMに含むかどうかというのは異論があるところかもしれませんが、80年代のHR/HMムーブメントを起こしたのは間違いなく彼らなんですから。

まあ、それはともかく、各順位ごとにさまざまな「業界の人たち」がコメントをするのですが、これがなかなか面白い。11位のエアロスミスについてかたるキッスのポール・スタンレーなんていうのはまだいいのですが、そのキッスについて語るオジー・オズボーンっていうのはとても意外な感じです。音楽的に接点が感じられない両者ですから。9位のガンズについて語るアイアン・メイデンのブルース・ディッキンソンとか、ACDCを語るリッチー・ブラックモアとかね。やっぱり、みんないろいろな音楽を聴いてるんだなぁという印象です。

あと、コメントを寄せた人たちの中にツイステッド・シスターのディー・スナイダーとかポイズンのCCデビルとかWASPのブラッキー・ローレスとか。あぁ、まだみんなこの業界でがんばってるんだぁ、みたいな気にもね…。


スポンサーサイト

テーマ:ロック・メタル - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pugsy.blog50.fc2.com/tb.php/6-fbf4f57f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。