硬岩乃讌

これまで○十年間にわたって収集してきたCD/レコードのレビューを、個人的な感想丸出しでしていきます。勢いだけで作ったブログだけに、その勢いがいつまで続くか…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IV -- Winger

IV -- Winger (2006年)

IV


1. Right Up Ahead
2. Blue Suede Shoes
3. Four Leaf Clover
4. M16
5. Your Great Escape
6. Disappear
7. On A Day Like Today
8. Livin' Just To Die
9. Short Flight To Mexico
10. Generica
11. Can't Take It Back

LAメタル全盛のころにデビューアルバム、セカンドアルバムがプラチナムを獲得するという華々しいデビューを飾ったものの、時代の流れに流され結局は消滅してしまったバンドWinger。そのWingerが再結成され新作を発表しました。それを聴く機会を得たのでレビューを。

系統的には「Pull」やキップのソロの路線を継承しているといえそうで、結論から言うと、「Pull」同様、一聴しただけではわかりにくいアルバムということ。全体を通してヘビーなイメージで貫かれています。しかし聴き込んでいくとヘビーなサウンド、ダークな歌詞の中に隠された良質のメロディーに気付くはず。聞き込むべし。

気になることといえば、最初の2曲であきらめる人が出るかもしれないな、ということ。この2曲も悪くはないのですが、リーディングトラックとしてはちょっと異質かもしれません。例えば3.を1曲目に、5.を2曲目にとするなど、曲順を入れ替えるともっと違った印象を受けるアルバムかもしれません。3.以降の緊張感あふれる曲はよい曲ぞろいです。

ギターのレブ・ビーチは、これまでいろいろなバンドを渡り歩いたけれど、Wingerの中でこそ実力を発揮できる気がします。


LAメタル時のWingerをイメージしてはいけないなと。これは21世紀にアップデートされたWinger。そういった意識で、先入観を捨ててぜひ聴いてほしいアルバム。



スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pugsy.blog50.fc2.com/tb.php/60-818bc262
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。