FC2ブログ

硬岩乃讌

これまで○十年間にわたって収集してきたCD/レコードのレビューを、個人的な感想丸出しでしていきます。勢いだけで作ったブログだけに、その勢いがいつまで続くか…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MENIKETTI -- Dave MeniKetti

Meniketti -- Dave Meniketti (2002年)

Meniketti


1)Messin’ With Mr. Big
2)No Lies
3)Hard As I Try
4)Tough Luck Avenue
5)I Remember
6)Storm
7)It’s Over
8)All In This Together
9)I Can’t Take It
10)Lay Me Down
11)The Other Side
12)Tell Me (Why I Should Wait)
13)Take My Time
14)Train

またまたお久しぶりのパグジーです。完全復活にはまだまだ遠い日々です。

Y&Tのデイブ・メニケッティが2002年にリリースしたソロ2作目。最近はY&Tとしての活動とデイブの個人名義の活動の両方をしていますが、Y&Tが実質彼のバンドである以上、その音楽性には大きな差異は見られません。強いてあげればソロ名義ではよりブルーズよりのサウンドになる(特にソロ1作目の「On The Blue Side」で顕著)ことですが、この「Meniketti」アルバムではもう少しロックよりのブルーズロックを聞かせてくれます。

オープニングの1)「Messin’ With Mr. Big」からデイブ節炸裂。既にかっこよすぎ。その後も、5)の「I Remember」など、相変わらずの泣きのメロディー、ギターが満載です。あえて難を言えば、やはりブルーズロックなだけに、(特に後半は)スローな曲が多く、Y&Tを期待するとちょっとダルイ感じがすることでしょうか。でもスローな曲でも必ずデイブの奏でるメロディーとヴォーカル、そしてギターが胸にグッと突き刺さってきます。

しかし、なんでこの人はこんなにかっこいいんでしょーかね。



スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

コメント

覇次郎さま、はじめまして。コメントありがとうございます。
確かに昔よりグッと渋くなってますよね。以前のログでも書いたのですが、LAメタル全盛のころはその流れで似合わない服装をして、なんていうときもあったものですが。最近のPVを見ていると「年をとったなぁ」って感じるんですが、でもやはりかっこいいですね。

  • 2007/07/03(火) 07:40:29 |
  • URL |
  • パグジー #-
  • [ 編集]

こんだけ歌もギターも素晴らしい人は珍しい。

魂のギタリスト!

昔より渋くなっててグッド!

  • 2007/07/03(火) 06:27:44 |
  • URL |
  • 覇次郎 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pugsy.blog50.fc2.com/tb.php/63-375cacdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。