硬岩乃讌

これまで○十年間にわたって収集してきたCD/レコードのレビューを、個人的な感想丸出しでしていきます。勢いだけで作ったブログだけに、その勢いがいつまで続くか…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ALL SYSTEMS GO -- Vinnie Vincent Invasion

ALL SYSTEMS GO -- Vinnie Vincent Invasion (1988年)

AllSystemsGo


1.Ashes to Ashes
2.Dirty Rhythm
3.Love Kills
4.Naughty Naughty
5.Burn
6.Star Spangled Banner
7.Let Freedom Rock
8.That Time of Year
9.Heavey Pettin
10.Ecstacy
11.Deeper and Deeper
12.Breakout

元KISSのギタリストVinnie VincentがKISS脱退(解雇)後に結成した自身のバンドVinnie Vincent Invasionのセカンドアルバム。

彼が加入以前のKISSは典型的(?)なシンプルで誰にもわかりやすいロックだったのですが、彼が入ったことで大きくHMサイドへとシフトしていきます。

そんな彼のバンドだけに、ここで聞かれるサウンドもオーソドックスなHR/HMといえるでしょう。というか正直言うとあんまり印象に残る曲がない・・・。

ひとつの理由は、ヴォーカルのMark Slaughterの声が好きじゃないんですね。ああいった、ハイトーンボイスはちょっと苦手なんです。VinnieのギターテクもKISS時代から定評があるものですけどね。

じゃ、なんでこのアルバムを紹介するかというと、一曲出色の出来の曲があるわけで。8.「That Time of Year」です。この時期のHR/HMバンドのアルバムには、たいていヒット狙いのバラードが入っていたものですが、この曲もバラードです。ただ、甘っちょろいだけのバラードではなく、パワーバラードとでも言えばいいでしょうか。本来は苦手なはずのMark Slaughterの声ですが、こういった曲調にはよくマッチします。

下にYou Tubeのリンクを貼っておきます。便利な時代になりましたね。管理人はいまだにVHSテープで所有していますが。

That Time of Year

この一曲のためにアルバムを買う価値あり、と僕は思っています。し、実際買っちゃいました。

ところで、Invasionとしての活動は5年で終了してしまいます。KISS時代はその性格の悪さから解雇をされ、再びKISSに呼ばれたときも、やはりその性格の悪さが変わっていなくあきれられたという逸話の持ち主のVinnie Vincent。今ごろはどこでどんな活動をしてるんでしょうね。



スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

コメント

まいど~^^お久しぶりです お元気ですか~?
コチラはまだまだ残暑厳しくて。
w( ̄△ ̄;)wおおっ!Vinnie Vincent Invasionですか~!!
ワタクシ3,8,12が好みでございます♪♪
最近聴いてなかったから 久しぶりに引っ張り出してきて聴いてみようかな^^
↓Badlandsも大好きでーす
このアルバムはよく仲間と聴きましたよー
Ray Gillenのブルージーなヴォーカル!!感情たっぷりに歌い上げるトコに惚れてしまって^^
亡くなってしまったのは本当に残念です(T.T)最高に素晴らしかったのに・・

  • 2007/08/22(水) 15:11:22 |
  • URL |
  • 紫らいおん #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pugsy.blog50.fc2.com/tb.php/70-e0284c8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。